CtC ICO

上場間近の暗号通貨 CtC (Coin to Coin) のメリットを並べてみた!

投稿日:

CtC の魅力がさらに増えてきていますので今日はそれを箇条書きにしていきたいと思います。

メリット 1 : ポテンシャルがデカい

日本及び世界において、使われなくなっている小銭、外貨の額がとても大きいことがはっきりしています。CtC がこういった死蔵しているお金を両替によって掘り起こす可能性が考えられます。

CtC のホワイトペーパー によると、日本だけでも毎年 31 億ドルもの外貨があり、世界では 900 億ドルもの外貨が使われないまま眠っていると推察されています。

それらの外貨のごく一部でも暗号通貨に両替されたらどうなるか?

CtC Pocket、CtC ATM によって 900 億ドルのたったの 1 % がビットコインに両替されるだけでも 9 億ドル (1008 億円) がビットコインに流れるわけです。これがビットコインの価格を押し上げる理由になるでしょう。

メリット 2: CtC Pocket で副業的に両替ビジネスができる

死蔵している小銭、外貨がビットコインに簡単に両替できるんだったら両替する人は少なくないと思います。

僕だったら我が家の小銭、外貨、実家、兄弟、親戚の小銭等を全部両替してしまうと思います。そのために僕は CtC Pocket が発売されたら買おうと思っています。自分で家族親戚に対して両替をしてあげるというわけです。

両替をしてあげたら両替量に応じて手数料がビットコインでもらえます。だから副業になりえると考えていますし、きっと本格的にやる人も少なくないでしょう。

なんてったって「小銭 or 外貨を持っている人が全員ターゲットになり得る」んですから。小銭、外貨を全く持っていない人を探すほうが難しいような気がします。

また両替をしてもらった側からすると、無価値で死蔵していた小銭・外貨がビットコインに形を替えて価値を持つようになります。しかもそれが簡単にできるんだたら万々歳です。

まさに Win-Win だと思います。

メリット 3 : CtC 自体の値上がり益の期待がでかい

上記メリット 2 であげたことだけでも CtC が持つインパクトは莫大ではないでしょうか。そんな暗号通貨だったら値上がり益も期待できます。

キャピタルゲイン狙いで買っておくことは十分検討に値します。

しかも、CtC の上場 (取引所への登録) は 11 月中に予定されています。あと 1 ヶ月ちょっとです!今日 CtC を買っておいて、1 ヶ月後にそれが 10 倍とか 20 倍になっている、って話になったらすごくないですか?

もちろんそうなる保証はありませんが、この短期間での値上がりの可能性には僕も注目していきます。

メリット 4 : CtC 保有者には収益が分配される

別の記事でも書きましたが僕が一番いいな!と思えるメリットがこれです。

CtC Pocket、CtC ATM で両替された量の一定額が CtC 保有者には配当として分配されることが決まっています。今後変更があるかもしれませんが、この配当は毎日分配されることになっています。

世界中の CtC Pocket、CtC ATM でその日 1 日に両替された取引量の一定額が配当になって毎日ビットコインが手に入るのです。

CtC Pocket はたかだか 5 万円程度で購入できる両替機 です。これが日本だけでも 1 万台とかすぐに売れると思います。世界中だと何台が売れるのか想像もつきません。それに加えて世界中の空港や駅などの場所では CtC ATM が設置されます。旅行から帰ってきて余った外貨をそこで両替するなんてことも普通に行われるでしょう。

そういうのすべてひっくるめた両替額から配当が計算されます。両替額が大きくなればなるほど配当も大きくなります。ビットコインの価格が上がれば上がるほど配当の価値が大きくなります。

これが CtC を持っておくだけで価値があるメリットその 1 です。この破壊力は計り知れません。

メリット 5 : 売れ残った CtC トークンで他の暗号通貨を買うらしい

ICO 期間中に売れ残った CtC トークンで他の暗号通貨を買うことが予定されています。普通 ICO 期間に売り切れなかったトークンは Burn と言って消滅させますので、この考え方自体斬新です。

CtC の場合は売れ残ったトークンで別の暗号通貨 (上場前のトークンになりそうです) を買って、その暗号通貨が上場したら取引所で売却してその利益を CtC 保有者に分配するという計画です。

これが CtC を持っておくだけで価値があるメリットその 2 です。なんかアイスを買ったら必ずアタリがついてくるような感じですかね。

メリット 6 : CtC プライオリティパス制度

CtC プライオリティパス制度というのが作られます。これによるメリットには以下のようなものがあります。

暗号通貨の格付け情報を購入できる

CtC 開発チーム (と思われる) が暗号通貨の独自格付けを行い、その情報が有料で配信されるようになります。その時、その有料情報を購入できるのは CtC トークン保有者だけとなっています。

これが意味することは、今後継続的に ICO 等で暗号通貨市場に投資したいと考えている人は、CtC を持ってこの格付け情報を買わないといけない理由ができることになります。

つまり CtC を保有していないといけない = CtC の価格上昇に寄与するというわけです。

CtC 保有者のみが参加できる案件ができる

CtC を保有している人だけが参加できる優良トークンのプリセールがあったとしたら、これも CtC を持っておく理由にならないでしょうか?

詳細はまだアナウンスされていませんが、CtC 保有者もしくは CtC トークンでしか購入できないプリセール案件が計画されています。

暗号通貨普及の一端を担える

これは CtC Pocket で両替するビジネスを始める場合に限定されるかもしれませんが、両替えによってビットコインが手に入るということを友達なんかに教えてあげれば、それをきっかけにして暗号通貨に興味を持つようになるかもしれません。

子どもたちに教えてあげれば、暗号通貨のことを勉強するようになって、将来インパクトのあるサービスを開発するようなエンジニアが日本からどんどん生まれるかもしれません。

日本はせっかく暗号通貨普及を後押しするような法整備を行っているので、他国に遅れを取らないようになってほしいと思っています。

そして暗号通貨の成長を上手に取り込んでいければ、社会も明るくなるんじゃないかと思うんですよね。

→ 間もなく上場 CtC の購入はこちらから!

Follow me!

-CtC, ICO
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[CtC] ウェブウォレットから送信したトークンがデスクトップウォレットに到着した!

この記事は、 前回の記事 ↓ の続きです。 [CtC] ウェブウォレットで保管していたトークンを自分のデスクトップウォレットに送る方法 デスクトップウォレットへ送った CtC トークンが無事届いたこと …

MicroMoney (マイクロマネー) の基本的な情報と ICO に参加した時の記録

MicroMoney (マイクロマネー) とは? 銀行口座を持たない人は世界に何十億人といるそうです。そういった人たちは信用情報が記録されていないためお金を借りることが困難な状況です。 マイクロマネー …

72 時間経過!ディセントベットの ICO、今からでも買えそうだよー!

まだ 50 % ちょっとが買われただけのディセントベット 9 月 23 日の 17:00 に始まったディセントベットの ICO ですが、意外にもまだまだ買えそうです! 事前の情報では、23 日に IC …

ICO 前に購入した MicroMoney のトークン (AMM) が MyEtherWallet に入ってきたのを確認する方法

前書き MicroMoney はイーサリアムベースの暗号通貨でトークン名は AMM です。 ICO 前にトークンを購入した方法については以下の記事で書きました。 MicroMoney (マイクロマネー …

【完全版】ディセントベットの ICO 入札のやり方&買い付けに成功した方法

前書き ディセントベットの ICO、全部自分でやってみた! 今回はディセントベットの ICO 手続きのやり方について書きますが、ディセントベットはイーサリアムベースの暗号通貨です。 だから今後ディセン …

よく読まれている

人気の投稿


2016年12月から毎日報酬が継続中!

カテゴリー

カテゴリー

タグ

タグ

最近のコメント

最近のコメント