CtC

ICO 期間中に読もう!と思って暗号通貨 CtC のホワイトペーパーを日本語に翻訳してみた。

投稿日:2017-10-10 更新日:

※公式サイトのホワイトペーパー (英語) は こちらのページ からご覧いただけます。

CtC トークン

CtC トークンは、CtC によって独立して開発された新しい ATM マシンに使用されるトークンです。 CtC はシートゥシーと発音され、コインとコインの関連 (coin and coin) 、消費者と企業の関連 (consumer and copany) を示すために使用されます。 CtC によって開発された ATM は CtC トークンを使用する新しいタイプの ATM で、ブロックチェーン技術で安全が確保され、旅行やショッピングの仕方を大幅に変える可能性を秘めています。

CtC はスマホアプリと組み合わさった ATM システムで、 国際旅行や日々の買い物、投資、電子マネーで余った硬貨やお札を両替するというダイナミックなアイデアを持っています。またお店とお客さんのコミュニケーションを促進することもできます。CtC の ATMは、人々の投資方法を変える可能性があります。

CtC によって開発された ATM は、2017 年の第 4 四半期に完全に開発され、世界中の空港や小売店に設置する準備が整います。クラウドセールで発行される CtC トークンは、イーサリアムのブロックチェーンを使用し、CtC のマーケティング、ブランディングおよびイーサリアムのスマートコントラクトを使用した ATM の開発に使用されます。

CtC トークンは、ATM とモバイルプラットフォームを組み合わせるために使用され、ATM を導入する店舗のプロモーション、導入済みの店舗へのインセンティブ、スマートコントラクトを使用した ATM の設置にも使われます。

システムの概要

小銭を入れることで紙に印刷された CtC トークンを得られるシステムです。コインに限らず紙幣も対象で国際旅行やお買い物で余ったお金を ATM に入れて トークンが得られるようになります。国際旅行や日常の買い物でもう使われないコイン、つまり紙幣や紙幣をATMに入金することで、紙に印刷された金額に対してCtCトークンを得ることができるシステムです。

スマートフォンでペーパーウォレットに印字された QR コードを読み取ることで、別のウォレットに転送したり、ビットコイン対応ショップで使うことができます。また、スマートフォンでアドレスを入力して送信することによってコンピュータで取引することもできます。

CtC トークンは、加盟店舗、ネットショップ、実店舗で直接使用することができる、ビットコインやイーサリアムのようにモバイル端末上に変換して投資することができるシステムです。余った硬貨を長期的に成長するであろうビットコインに両替し、資産価値を増加させ、効果的な分散資産を形成することも可能である。

CtC トークンエコシステム

ビットコインに加えて、Ethereum のような他の代替コインなどの仮想通貨に変換することもできます。 CtC コインは、この ATM 自動販売機から購入することができます。CtC コインはペイアウトコインであり、完全な可能性を達成するためには非常に特別な財布にする必要があります。

CtC のコインは、ビットコインなどの仮想通貨の財布を持っており、Bitcoin の価格変動にパニックすることなく、あなたがドルの方法の平均コストのように、さまざまなソースから Bitcoin を購入することを可能にするメカニズムを実装しています。あなたは長期的に追加のコインを生成し、増加した価値または他のアルトコインでビットコインに変え、効果的に分散価値をもたらすことができます。

この通貨交換機に世界のさまざまな通貨を差し込むと、その推定値のビットコインとして印刷された紙幣に似た紙幣を受け取ることができます。紙の財布を保管することでハッキングのリスクがほとんどないので安全です。

スマートフォンでペーパーウォレットの QR コードを読み取り、スマートフォンの他のウォレットに転送し、CtC 互換店で使用することができます。また、ビットコインに変更することでビットコインと互換性のある店舗で使用することもできます。紙幣を通貨交換機に挿入して現金を受け取ることもできる双方向機能を実装する予定です。

最小取引額と ATM の仕組み

技術的特徴
  1. 各交換機は、値を決定する暗号化通貨交換機と連動します
  2. インタラクティブ性を簡単に交換することができます(買収と売却の両方)
  3. マルチ通貨サポート
  4. コインのサポート
市場

1.コインの入札は、第一段階の目標として 26 万店舗に導入される予定です。
2.世界中で購入するためのプラットフォームを作成します。

CtC ノートの流通と ATM エコシステム

市場状況

外貨の状況

現在、多くの国で使用されていない海外旅行時の外国通貨の使用は低いです。日本経済新聞によると、日本単独でも毎年 31 億ドル以上の外貨があり、英国では 23 億ドルと推定されています。 900 億ドルもの外貨が使われておらず、世界中で休止していると推測されます。

CtC は、この外貨を対象とする仮想通貨専用 ATM マシンの世界では初めてです。以前は Paypal などの ATM マシンがありましたが、暗号化仮想通貨と直接交換できないため、利便性の問題がありました。特に、海外旅行後にコインを交換できないこと。 CtC の ATM がこのコインをターゲットにしていることは大きな違いです。

変化

現在、ECB によれば、126 億ユーロの硬貨がヨーロッパ全体で流通しており、その額は 260 億ユーロにのぼります。

ECB 循環中のコインの総数(黒線)Source ECB

米国では、流通量の半分以上が 20 ドル未満の小さな紙幣で占められています。少額投資で優れた財務体質を維持しています。このコインの一部は、毎日の買い物の後に変更されます。発行されたコインの総額は毎年増加しています。そして、多くの硬貨は、机の引き出しに休眠しているか、利用されずに銀行に集積されています。フレーズの世界的な傾向にもかかわらず、彼らはすべて休止しています。

CtC が変える未来

CtC の ATM コインは、このコインを仮想通貨市場に投入する際に役立ちます。 CtC の ATM は使いやすく、誰でも使用できます。大人から子供まで誰でも仮想通貨に直接投資することができます。選択肢
直接外貨に投資して、仮想通貨への投資は非常に意味があります。

CtC のビジネスは高度に社会化されたビジネスです

CtC は今まで使用されていなかった外貨と買い物用コインを投資して経済を蘇生させます。コインを CtC に入れるキャンペーンを提案することにより、ショッピングから直接コインを投資する習慣を提案します。

子どもたちに仮想通貨を教える

仮想通貨の概念を持つ子どもを教育することは困難であると思うが、未来の世界で生き残るためには、できるだけ少ないから、それについて学ぶことは非常に重要である多くの人々があるかもしれません。コインを ATM に入れ、このバーチャル通貨を繰り返し使用することで、CtC を使用して ATM に入金することでお金を稼ぐことができます。

デジタル部門を排除する

現在、アナログ経済によって運営されている地域、特にアフリカ、アジア諸国、米国や欧州など先進国間のデジタル部門は深刻化しています。この CtC の ATM は、大人と子供が仮想通貨を体験するためのプラットフォームとして、多くの国で使用される予定です。この ATM にコインを入れて、多くの人が仮想通貨を認識し、自分の人生で使用することは、非常に意味のあるプロセスです。

店舗と顧客のコミュニケーションの向上

私たちが今までに気付かなかったコインが購入時に変換され、顧客に関する情報が得られれば、店舗と顧客とのコミュニケーションにも役立ちます。 CtC トークンは、
仮想通貨に変換し、CtC プラットフォームが提供するマーケティングオートメーションシステムと調整することができます。

ATM 技術と開発

ATM の開発には、ハードウェアとソフトウェアの開発を別々に検討する必要があります。

ハードウェア

CtC ノートを発行するための機器は2種類ある

1 つはより小さなタイプの CtC ポケットです。 CtC ポケットはハンドヘルドサイズのモバイルプリンタで、必要に応じて CtC ノートを印刷します。 CtC ポケットは、iPhone や Android アプリなどのスマートフォンにリンクします。 CtC ポケットは、消費者がショッピングの変更を CtC ノートに変換する小規模の店舗やコンビニエンスストアで使用することを目的としています。

他の種類の装置は、より大きな ATM 機械である。 ATM マシンは、消費者が残りの外国硬貨とメモを CtC ノートに変更できる空港や大型ショッピングセンターでの使用を目的としています。

まず、お客様の使いやすさを考えて、機械の信頼とメンテナンスを考慮した設計を行います。多通貨互換のコインメカニズムや、高度に認識可能なバーバリーデータを使用する必要があります。私たちは、第三者の製品のシステムを使用する予定です。

また、ATM キャビネットの有名な製品デザイナーやインダストリアルデザイナーの未来的なデザインにも取り組んでいます。それは既存の ATM と明確に区​​別する必要があるからです。

ATM システムは、リアルタイムでトランザクションを可能にする通信機能を有する。通信機能は、主に 4G、3G、GSM を使用し、離れた国や地域でも信頼性を向上させるアーキテクチャを構築します。

信頼性は、多くの店舗や施設で使用することが重要です。将来的には、屋外でも使用できるように防塵デザインを使用する予定です。

ソフトウェア

優れた開発チームを採用することで、ソフトウェアは主にアジャイル開発を実行します。急速に進化する仮想通貨業界を支配するために、我々は多くの分野と部品をモジュール化し、アウトソーシングすることでスピードアップを図ります。

ATM 内部システムの開発

CtC トークンは、ATM に入金された外貨やコインなどの現金と外部の仮想通貨とを連結する役割を果たします。私たちはできるだけ社内のソフトウェア開発を進め、セキュリティを第一に考え、アーキテクチャは公開されません。

モバイルアプリケーションの開発

モバイルアプリケーションの開発は、CtC のバックボーンの 1 つであり、CtC をビットコインおよび他の代替通貨と互換性を持たせるために重要な役割を果たします。

モバイルアプリケーションで実装される機能

  • CtC トークンの QR コードからのモバイルリーディング機能
  • ビットコインなどの他のコインの購入と流通機能
  • CtC を使用できるオンラインストアの紹介とリンク機能
  • CtC 加盟店のプロモーション参加機能(サインイン認証機能、サインアウト機能)

CtC コインアーキテクチャーは、Ethereum ベースのトークンを活用します。

CtCポケットアプリのコンセプト

CtC クラウドセールの機会

ショッピングのために外貨とコインを利用しているが、目立っていない企業は、わずかな市場浸透で大きな収入を期待することができます。あなたが海外旅行からの余剰外貨市場でのみ 0.2% を投資しても、あなたは約 1 億 8000 万ドルの利益を期待することができます。

競争がほとんどないため、ATM を設置できる空港や店舗も増えることが予想されます。私たちは、外貨の 1 %シェアと日々の買い物からのコインの 1 %シェアを獲得するために、ビジネスを迅速に拡大して構築するための資金を探しています。

他のトークンとの協力

CtC が Ethereum ベースのトークンを使用する理由があります。現在、Ethereum ベースのトークンに基づいて多くの暗号化通貨が発行されており、将来他の企業との協力を簡素化する予定です。

多くの魅力的なサービスが Etherium のブロックチェーンを通じて出てきており、CtC の ATM とモバイルプラットフォームは、他の企業のサービスと統合するための非常に手頃なシステムといえます。特に、Etherium にはスマートコントラクト機能があり、将来的には ATM システムのさらなる拡張の可能性を秘めています。

CtC ログイン UI のコンセプト

紙幣

CtC のペーパーノートは ATM から印刷されるときに印刷されます。このノートには、携帯電話での読み取りを容易にするための QR コードと、パスワードを保護するためのホログラフィック機能が組み込まれています。

CtCトークン発行の割合

発行されるトークンの総数は、希少性を高める必要があるため、3 億に制限されています。最初のプリセールでは、1 トークンにつき 8 セントで 1 億個のトークンが発行されます。 2 回目のプリセールでは、1 億個のトークンが 10 セントで発行されます。 3 ヶ月先に大きな発表を行い、世界市場での販売を計画しています。残りの 1 億枚は、ATM での販売、モバイルアプリケーションによる販売、鉱業料、ATM 店購入インセンティブ、プロモーションなどに使用されます。

分配は、市場に流通してWalletに登録されたCtCコインの総額に対して発行されます。

インタフェース言語

初回リリースでは、インターフェイス言語は英語、日本語、中国語が予定されています。 2018 年後半以降、ロシア語、スペイン語、フランス語、韓国語、ドイツ語、アラビア語、インドネシア語(マレー語)の 7 言語をリリースすることで、今後ローカライズされたマシンをリリースする予定です。

マルチカレンシー

CtC の ATM 開発において最も重要なのは、複数の通貨に対応していることです。初期開発では、コインメカニズムとバーバリーデータは、米ドル、ユーロ、日本円、中国元の 4 つの通貨に対応します。その後のフェーズである 2018 年以降の段階では、ロシアルーブル、英ポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、アラブ首長国連邦ディルハム、韓国ウォンなどの主要通貨に対応します。

開発チーム

CtC の開発チームは、これまで 20 年近く IT ビジネスを成功させたエリートで構成されています。私たちは、支払い処理、分散処理、エンタープライズソリューション、バーチャル通貨技術に豊富な経験を持っています。

Follow me!

-CtC
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[CtC] ウェブウォレットで保管していたトークンを自分のデスクトップウォレットに送る方法

この記事では、 プリセールで購入した CtC トークンがウェブウォレットにあるものを自分のデスクトップウォレットに送る方法を書いています。 用語の定義をしておきます。 ウェブウォレット:ウェブブラウザ …

上場前のラストチャンス!CtC (coin to coin) の ICO に滑り込みで申し込めるかも?

上場前に買い増しした CtC x 1 口について 11 月 4 日に送金した分についてブロックチェーンラボから受理したと連絡が来ました。 最新の情報だと上場するタイミングは 12 月にずれ込んだと聞い …

インカムゲインも得られる暗号通貨 CtC (coin to coin) の ICO が遂にスタート!

CtC の ICO 申し込みページは画像をクリック 【重要】CtC の ICO (Initial Coin Offering) 情報 ICO の期間 11 月 6 日 (月) の夜 (厳密には 11/ …

[CtC] 久しぶりにウェブウォレットにアクセスしようとしたらパスワードが変わっていたので変更する方法を書いておきます。

この記事を書こうと思ったのは、 ずーーーーーっと放ったらかしにしていた CtC の対応を、そろそろちゃんとやろうと思ったことがきっかけです。 CtC トークンが発行された案内がメールで来ていたのが 2 …

【ICO 案件】プリセールで購入した CtC (coin to coin) がついに来た!

未上場の暗号通貨である CtC (coin to coin) のプリセール時に購入したトークンがついに届きました! といっても今は自分の残高がいくらあるかを確認できるようになっただけで自由に使えるわけ …

よく読まれている

人気の投稿


2016年12月から毎日報酬が継続中!

カテゴリー

カテゴリー

タグ

タグ

最近のコメント

最近のコメント